小松高校への目標点

学年問わず、
定期テスト:450点以上
定期テストの結果は通知表および内申書の結果に反映されます。

実力テスト:平均+100点以上
中3生は各中学校で11月・12月・1月の合計3回、実力テストが実施されます。
この実力テストは南加賀地域統一のテストのため、

  • 小松市内の中学校(芦城中、松陽中、丸内中、南部中、御幸中、安宅中、板津中、中海中、国府中、松東中)
  • 能美市内の中学校(根上中、寺井中、辰口中)
  • 加賀市内の中学校(錦城中、橋立中、片山津中、山代中、山中中、東和中)
  • 川北町内の中学校(川北中)

に在籍する生徒が同じ問題を解くため、各中学校では受験校決定の際に貴重なデータとして活用します。

学年順位:上位10%以内
定期テストおよび実力テストにおいて

石川県総合模試(中3受験生):偏差値62以上
の成績が維持できていれば、余程のことがない限り小松高校(普通科)合格は可能でしょう。小松高校合格のために、これらの数値を目標に日々の勉強を頑張りましょう!!

その際、意識してほしいことを以下に挙げておきます。



小松高校合格への道(1)

平日の勉強:学校でその日に習ったことは必ず復習!!

まずは、少なくとも2時間(部活が終わった中3受験生は4時間)の勉強時間は確保するように努力しましょう。時間が限られている平日に複数の教科を勉強するには工夫が必要です。あれもこれも手を広げすぎるのではなく、

  • 英語:英単語の練習、教科書本文の発音練習、文法事項の確認
  • 数学:授業で扱った問題を復習(問題をワークで演習)
  • 国語:漢字の読み書き練習、文法事項の確認
  • 理科:重要事項の暗記
  • 社会:重要事項の暗記

など、暗記を中心にした学習を優先するとよいでしょう。
もちろん、出された宿題は期限までに仕上げましょう。
※中3受験生は入試対策の一環として、中1・中2の復習も計画的に進めておきましょう。



小松高校合格への道(2)

休日の勉強:1週間単位の復習&問題演習!!

各科目、1週間ごとにワークで問題演習をしながら知識の活用・整理をしましょう。
まとまった勉強時間をとりやすい休日では、少しずつ難しい問題にもチャレンジしていくことが大切です。
平日の学習が予定通り進まなかった場合は休日で必ず調整しましょう。



小松高校合格への道(3)

テスト直前(テスト1~2週間前)の勉強:演習量の確保と仕上げ!!

(1)と(2)がしっかりしていれば、慌てることはありません。
テスト範囲の内容をできるまで繰り返しやり直し、確実にできるようにしておくことが大切ですが、この判断が甘いと、「勉強しているのに成績が上がらない…」と嘆くことになります。
よくある例題レベルの問題であれば、問題を見た瞬間に解法や答えが思い浮かぶという状態にしましょう。
また、同じ問題ばかりを解いていても、成績アップ・実力アップは期待できません。
学校のワーク以外にも、別の問題集で演習量を確保することをお勧めします。
ちなみに小松市内の中学校では、定期テスト3日前から部活動が停止となります。
この3日間で最後の仕上げをしましょう。



小松高校合格への道(4)

長期休暇中(春休み・夏休み・冬休み)の勉強:重要単元の復習と予習!!

長期休暇は重要単元の復習および新学期に向けて予習ができる絶好の機会です。
加えて、中3受験生は言うまでもなく単元・学年の枠を超えた学習ができる絶好の機会です。

ちなみに、星輝進学スクールでは長期休暇ごとに講習会を実施します。
「成績アップ・実力アップ・志望校合格に必要な知識や勉強方法が分かった!」
「できると思っていた問題ができなくて、自分の甘さを痛感した!」
「周りが努力しているのをみて刺激を受けた!」
「授業が面白く、勉強って楽しいと思えた!」
など、受講者からたくさん好評をいただいております。


最後に…。

『思い立ったが吉日』です。
合格する人は挑戦し続ける人です。
There is a way where there is a will.
(意志あるところに道がある)

小松高校合格に向けて
最後まで諦めずに頑張りましょう!!

星輝の合格実績を支える3本柱

合格実績